男性も不妊症の検査を受けよう

2013年07月16日

男性も不妊症の検査を受けよう

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

不妊症と聞くと、すぐに女性のことだと思いがちですが、それは間違いです。

実はその半分は男性側に原因があるとご存知でしたか?

今や、10人に1人は精子に問題を抱えていると言われています。

そんな状況にも関わらず、世間では、まだまだ男性の不妊については広く認知されていません。

不妊症に苦しむ夫婦を救うためにも、もっと男性不妊について、社会全体で積極的に考える必要があると思っています。

さて、男性の不妊の原因ですが、大きく分けると先天性のものと後天性のものに分けることが出来ます。

遺伝的な原因や、発育していく間に何らかの影響を受けて、男性の性機能不全になった場合などが先天性の男性不妊として考えられます。

一方、後天性のものについては、アルコール、ストレス、喫煙、糖尿病、食生活、肥満などの生活習慣病や、病気、射精に関する障害、精巣が損傷したことなどが挙げられます。

先天的に原因があるとすれば、医療機関で薬や手術で原因を取り除かなければなりませんし、後天的なものなら自分の生活習慣を見直していかないといけません。

なので、不妊症は女性の病気だと考えずに、結婚したら必ず男性も不妊症の検査を受けることをおすすめします。

また、社会全体がそういう風潮になるように、まず不妊治療をしている私たちが、声をあげていかなければならないのではないでしょうか。手(グー)

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。