男性不妊と精子の運動率

2013年07月19日

男性不妊と精子の運動率

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

男性の不妊症である、精子の運動率が原因で起こる障害をいくつか取り上げてみたいと思います。

(1)精子死滅症

呼んで字のごとく、精子の受精能力がほとんどなくて、死滅してしまっている症状のことを表しています。

受精能力がないということは、つまり、運動していないということ。

正常な男性だと、60%の精子の運動率が普通なので、この運動率が著しく低下している人は、精子死滅症だと診断されます。

今のところは、炎症して白血球が増えてしまい、精子の動きを鈍くすることが原因ではないかと言われていますが、具体的に立証されていません。

(A)治療法

まず生きている精子が少しでもあるかを調べた後、生きている精子が確認されれば、それを取り出して、受精させることが出来ます。

この場合は、顕微受精が適用になりますね。

しかし、生きている精子がいなかった場合には、非配偶者間人工授精(AID)を行わなくてはいけません。

つまり、AIDは戸籍上では本当の親子になりますが、父親とは、実際には血が繋がっていないことになります。

ですから、倫理的に許されるのかという意見など賛否両論があり、まだ広く世間に受け入れられている方法ではないので、受ける側には大きな覚悟が必要だと思います。

また、女性の中には旦那さんの遺伝子を残したいんだと強く願っている人も多いので、奥さんが受け入れられるかどうかは、とても大きな問題になると感じます。

(2)精子不動症

一応生きている精子はあるけれど、運動していない場合には、精子不動症という診断がくだされます。

原因は、生殖機能が低下してしまったことや、精子死滅症と同様に、白血球が炎症がもとで増えてしまったこと、カルタゲナー症候群などがあります。

(A)治療法

精子が運動していないとは言っても、本当に死んでしまっているものと、実は生存しているものがあります。

ホステストでそれが見分けられるので、精巣から生きている精子だけを取り出して、顕微受精させると妊娠が可能になります。

ただし、精子不動症の人には、普通の人より精子の構造に欠陥があったり、染色体異常が多い可能性があると言われているので、主治医と話し合って、場合によっては遺伝カウンセリングや検査を受ける必要が出てくるかもしれません。

その他にもメジャーなものがあるので、挙げてみますね。

(3)奇形精子症

奇形精子症ももまた、男性不妊の原因のひとつ。

これは、出された精子の中に、奇形がたくさんあることをいいます。

精子の頭の部分と、尾の部分の奇形の2とおりのパターンがありますが、特に頭の部分に異常があると、受精するのがとても困難になると言われています。

だいたい7割以上の精子が奇形だった場合にはこのように診断されます。

原因がはっきりしない場合も多い上に、奇形を治す画期的な方法はないので、正常な精子を選んでから体外受精、顕微受精を受けることになるでしょう。

私の主人は、奇形精子症とまでは言われなかったものの、精子中に奇形が割とある方だと言われましたが、体外受精で子どもを授かることが出来ました。

男性不妊に悩んでおられるあなたのご参考になれば幸いです。

少しでも心配なことがあるあなたは、一度不妊専門病院でカウンセリングや検査を受けてみてくださいね。わーい(嬉しい顔)

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。