子宮内膜症と手術療法

2013年07月22日

子宮内膜症と手術療法

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

子宮内膜症は女性の不妊の原因の一つです。

ですから、薬物療法で小さくするか、手術で取り除くかしなければ、妊娠は期待できません。

軽症の子宮内膜症ならば薬物療法も可能ですが、子宮内膜症がある程度の大きさになると、破裂する危険性が出てくるので、手術が必要になってきます。

私は6cmのかなり大きな卵巣嚢腫が見つかり、破裂する可能性があることを告げられました。

さらに他の臓器への癒着も懸念されたため、すぐに手術で除去することに決定。

軽い気持ちで検査を受けたのに、そこでいきなりこんなに重い病名を告げられ、否応なしにすぐに手術をしなければならないと言われたのですから、あまりの急展開に頭がパニックになってしまいました。

それからの私は、手術の怖さや、そんな重い婦人科疾患にかかっていたことへのショックや、手術後に本当に妊娠できるのだろうかという不安など、色んな感情が頭をぐるぐるとめぐって、悶々とした落ち着かない日々を過ごしていましたね。

私が受けることになったのは、腹腔鏡手術でした。

その特徴と体験談を以下ではお話したいと思います。

(1)腹腔鏡手術とは

お腹に2cm程度の小さい穴を3箇所開けて、腹腔鏡と手術の器具をそこから挿入。

お腹の中の様子がモニターで映し出されるので、それを見ながら病巣をレーザーで焼いたり、臓器に癒着している部分をはがしていくというものです。

内視鏡で病巣を観察しながらの手術は、子宮の後ろや前など、検診で確認できない場所の様子が詳しくわかるので、子宮内膜症病巣を取り残すことなく除去できる上、手術後に癒着する危険性も減るため、とても安全だと言われています。

病巣を取り出したあとには、腹腔を洗浄してくれるので、術後6ヶ月間はゴールデンタイムと言って、妊娠しやすくなるというとても大きなメリットがありますね。

(2)私の体験談

私は腸にも癒着するほどかなり重症だったので、手術には時間がかかりました。

左側に6cmあった卵巣のチョコレート嚢腫ですが、卵巣を温存したまま、嚢腫の部分だけを取り出してもらえたので、本当にラッキーだったと思います。手(チョキ)

全身麻酔での手術だったので、寝ている間に終了。

痛みは全く感じませんでした。

麻酔が切れたあとはかなり痛いですが、それも我慢できる程度でした。

何より、手術のついでに卵管造影検査もやっていただけたことが、とてもありがたかったです。

卵管造影検査は、友人が受けたのですが、冷や汗が出るほど痛かったと言っていたので、恐ろしいなと思っていました。

また、開腹手術ではなかったので、お腹の傷がほとんど目立たず、自然に消えていく程度だったのも嬉しかったです。

私は、術後の経過が良好だったので、10日ほどでの退院できました!

ただ、卵巣や子宮を残したので、内膜症が再発する可能性は否めません。

また、子宮以外への臓器への癒着もかなりひどく、特にひどかった直腸部分の癒着は、全部は取りきれなかったことや、直腸の癒着をはがした部分は薄くなっているため、定期的に経過を観察しなければならないことも告げられました。

また、腫瘍を取り除いた左側の卵巣の機能は手術の後遺症で低下する可能性は高いとも改めて言われてしまい、ちょっとショック。

でも、先生ははがせる部分の内膜症は、「精一杯はがしたし、今後治療していけば妊娠はできるよ。」と力強く話してくださったので、これでよしとしなければいけない、これからの治療はきっと大変だろうけど、前向きな気持ちで頑張ろうと、やる気が蘇ってきたのを覚えています。手(グー)

(3)手術を受ける人へのアドバイス

私は、手術を受けることを決めたものの、実はやめようかと相当悩みました。

それは、手術について調べていくうちに、様々なリスクがあることや、とても高度な技術を必要とする手術だとわかったからです。

そこで、まず、手術をすすめられた病院の先生に頼んで、この手術をたくさん行っている病院の評判の良い医師に紹介状を書いてもらうことにしました。

それと並行して、有名な不妊専門病院にも行って、セカンドオピニオンを受けました。

私が目指すのは妊娠、出産なので、不妊治療の専門家の目から見て、手術を受けた方が妊娠しやすくなるのかどうかが知りたかったからです。

人気の病院で予約は2週間先でしたが、緊急だからと無理にお願いして、診療時間外に予約をとりました。

そうやって無理なお願いでも聞いてくれるような、患者の事情を優先してくれる病院はおすすめです。手(パー)

そして、大手の病院の先生も、不妊治療専門病院の先生も、私のケースでは手術したほうが有効だと言う意見をくださったので、手術に踏み切ることに決めました。

私は、セカンドオピニオンを受けて話し合いを重ねた上で、納得して信頼できる先生の元で手術を受けたので、不安が随分和らいだと思います。わーい(嬉しい顔)

なので、今、ショックで思いっきり落ち込んでいるあなたは、そのショックを和らげるために、信頼できる先生を見つけて、とことん話し合って、自分に一番良い方法を見つけていただきたいと思います。

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。