子宝スポット出雲大社

2013年08月07日

子宝スポット出雲大社

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

私たちは、薬を使ってタイミング療法を2周期連続して行ったので、次周期は卵巣を休ませるために治療をお休みすることにしました。

医師からも体を休ませるのも治療の内だから、のんびり過ごした方が良いと助言を受けていたので、精神的にだいぶん疲れてきていた私たち夫婦は、不妊治療をしている人たちに人気の子授けスポット、出雲大社に行ってパワーを頂いてきました。

出雲大社の本殿を目指して進んでいくと、たくさんの子どもが授かったという大国主大神が、出雲大社側を向いて手を開いている銅像を発見。

同じポーズをとって、出雲大社の方を見るとパワーがもらえるので、早速夫婦でトライしました。

それから、日本最古の銅で出来た触ると金運が上がるという鳥居を、「不妊治療が出来るだけのお金がたまりますように。」と切実な願いを込めて何度も触りました。

鳥居をくぐると左側に銅製の神馬像「かねおまさん」がおられるのですが、触ると子宝に恵まれると言われているので、私たちは「赤ちゃん、私たちの所に来てね!」と強く願いながら、優しくなでてきました。

この旅行は、不妊治療中の良いリフレッシュになったので、本当に行って良かったです。わーい(嬉しい顔)

私たちがご利益を期待して巡った、大国主大神の銅像、金運が上がると言われている鳥居、銅製の神馬像「かねおまさん」の3つのパワースポットはとても有名で、特に神馬を触ったあとに子供に恵まれた人はたくさんいると言われています。

是非そのご利益にあやかりたいものです。

旅行のガイドブックや雑誌にのっているので、気になる方はストレス解消も兼ねて、行ってみてはいかがでしょうか。

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。