ヨガで不妊の改善

2013年08月09日

ヨガで不妊の改善

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

ヨガは妊娠しやすい体を作ってくれると、不妊症に悩む女性に大変人気があります。手(パー)

私も毎日ヨガをやっていますが、体が柔軟になり、筋肉もついてきて、血行も良くなったと実感しています。

ヨガですが、続けると以下のような効果が期待出来ます。

(1)ヨガの効果

ホルモンバランスを改善してくれる
冷え症が改善される
肩こり、腰痛、体の歪みが改善される
自律神経が整えられる
体の老廃物を出してくれる
ストレスが解消される
免疫力を上げてくれる

どれも不妊を改善してくれるものばかりですから、あなたもヨガの効果とやり方を知って、毎日の生活に取り入れて見られると、妊娠出来る日が近づいてくると思います。

(2)不妊に効果的なヨガのポーズ

不妊に有効なヨガのポーズは色々ありますが、私が特に効果的だと感じているのは、弓のポーズと猫のポーズの2つです。

是非、試してみてください。

(A)弓のポーズ

@まずうつ伏せになって、息をゆっくりとはきながら膝を曲げて、右手で右足首、左手で左足首を持ちます。

t02200132_0800048012586846692yumji1.jpg

A次に息をゆっくりとすいながら手と足を上に持ち上げて、顎を上げてゆっくりと上半身をそらして、太ももを浮かして、お腹で体を支えましょう。

t02200132_0800048012586846691yumi2.jpg

これで弓のポーズが完成。

Bそのままの姿勢でゆっくり息をすってお腹を大きくふくらませ、ゆっくり息を吐いてお腹を凹ませる呼吸を5回行いましょう。

C息をゆっくり吐き出して体をうつ伏せの状態に戻したら終了です。

このポーズは子宮や卵巣を刺激して、その働きを高めてくれる効果がありますので、慣れるまではポーズをとるのが辛いかもしれませんが、続けてやってみられることをオススメします。

私は体が固い方なのですが、ストレッチをせずにいきなりポーズをとったら背中を痛めてしまったので、まず十分に体をほぐしてから、行うように気をつけてください。

(B)猫のポーズ

@手とひざを床につけて、四つん這いになります。

A腕とひざは肩幅ほど開いて、目は床方向をみます。

f80e57d4f5cf6da90430ab6d961672cf.jpg

Bゆっくりと息を吐きながら、猫のように背中を丸めましょう。

40e6bcd009fbb5d9b799f9af9c7d8dd52.jpg

ひじを曲げないで、腕と足は床に対して垂直にするのがポイントです。

十分に丸まったら、お腹を凹ませて頭をゆっくりと腕のあいだへ落としていき、そこで30秒間自然に呼吸しながらその体勢を保ちます。

Cゆっくりと息をすいながら、今度は背中をそらせて顔を天井の方へむけていき、胸を貼りましょう。
30秒間自然に呼吸しながら、姿勢をキープしてください。

32a6aa25c712324f73bf21fe11a93c010.jpg

B、Cの動作を5回繰り返します。

これを毎日続けると、背中が柔らかくなって全身の血のめぐりが良くなりますし、お腹も深部からポカポカと温まってきますから、続けて行ってみてください。

最初は力んでしまって呼吸が浅くなりがちですが、ゆっくりと呼吸することを心がけると、自然に身も心もほぐれてくるので、リラックスしてポーズをとることが出来ます。

あなたも私も一緒に、ヨガを利用して、赤ちゃんが来てくれるような健康な体を作っていきましょう!

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。