妊娠カラーを取り入れよう

2013年08月17日

妊娠カラーを取り入れよう

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

色は知らず知らずのうちに、私たちの気持ちや体に影響を与えています。

例えば、青く澄んだ空を見るとスッキリと清々しい気持ちになりますし、緑の木々を見ると、何だかほっとして癒されます。

私の場合だと、落ち込んだときにはオレンジ色の服を着て楽しくショッピングすると元気が湧いてきます。

ですから、色の持つパワーを上手に毎日の生活に取り入れて、身も心も元気になって妊娠しやすい体を手に入れましょう。

(1)ピンク

たくさん色がある中でも、一番妊娠に効果的なのはピンク。

風水では受胎の運気を引き寄せる受胎カラーと言われています。

身につけると、穏やかで柔らかな女性らしい気持ちにさせてくれますし、さらに以下のような効果もあります。

・女性ホルモンの分泌の活発化、ホルモンバランスの正常化
・生理不順の改善、生理痛、更年期障害の緩和
・体の若返りの促進
・新陳代謝のアップ
・気持ちの安定、癒し、自律神経の調整
・夫婦生活に対する前向きな気持ちの促進

ですから、ピンクの下着、ソックス、パジャマ、カーテン、カーペット、小物、メイク、洋服、ストッキング、財布、ポーチ、手帳、携帯などにピンクを取り入れてみましょう。

ピンクの中でも、サーモンピンク、ベビーピンクなどの淡いピンクは特に妊娠力を上げてくれるのでオススメです。

(2)グリーン

グリーンも妊娠力をアップしてくれるカラーとして有名。

癒し効果に加えて、大地にたくましく根を張る木々のように、命を育てるパワーがあります。

(3)クリームイエロー

この色はニューファミリーを呼び込む効果があると言われています。

私は部屋のベッドカバーを柔らかいクリーイエローにしていますが、ふわっと赤ちゃんが空から舞い降りて来る様子をイメージしながら毎晩眠りについています。

きっと効果があると信じて、あなたも妊娠カラーを是非、取り入れてみてください。わーい(嬉しい顔)

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。