人工授精〜AIHとAIDの違い

2014年05月19日

人工授精〜AIHとAIDの違い

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

人工授精というと、殆どの場合は「AIH」のことを指しますよね。

しかし、本当は人工受精にはもう一つ「AID」というものもある事をご存知でしょうか?

もしかしたら人工授精に2つの種類があるということを知らない方が多いかも知れませんね。バッド(下向き矢印)

それほど現在の日本では人工授精というとAIHが一般的になっています。

人工授精AID.jpg

まず、その一般的な人工授精と言われているAIHというのはどういったものかというと、日本語に訳すと「配偶者間人工授精」と言います。

つまり、女性の体内に注入する精子は婚姻関係にある夫のものを使用するという事ですね。ムード

一方のAIDは、日本語で言うと「非配偶者間人工授精」と言い、ドナーの男性の精子を使って人工授精を行う方法の事を言います。

このAID、少し前までは日本でも行われることが時々ありました。

どういったケースでこのAIDが選択されていたのかというと、男性不妊で無精子症というケースですふらふら

現在では、無精子症であっても、閉塞性であれば閉塞の治療を行う、非閉塞性であっても精巣内に精子があればそれを取り出して顕微授精を行うという方法があるので、AIDを行う事は少なくなりました

但し、非閉塞性の無精子症で、精巣内にも精子が無い場合は、AIDを勧められることもあるようです。

その場合、当然男性側の精子は別人のものとなりますので、簡単に決断できる事では無いでしょう。もうやだ〜(悲しい顔)

病院によってはAIDは勧めず、お子さんを諦め、二人での夫婦生活を勧め、心のケアを行うという所も多いようです。病院

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 不妊治療さとみ at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。