2013年08月15日

貧血を治して妊娠しよう

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

原因不明の不妊で悩んでいた人が、貧血を治したら妊娠したという話をよく聞きます。

貧血になると、大切な栄養素が体に行き渡らないので、卵巣、子宮の機能が低下します。

そして、質の良い卵子が育たない、子宮内膜が薄くなる、女性ホルモンの分泌が減るなど、子どもができにくい体になってしまうので、普段から気をつけて鉄分をたくさんとって貧血を防止しましょう。

私も意識的に毎日鉄分豊富なメニューを食べています。

ただ、鉄分は吸収されにくいので、効率よく確実に取れるように工夫することが大切です。手(パー)

(1)鉄分を多く含む食品

鉄分には、肉、魚などの動物性食品に入っているヘム鉄、野菜、豆類、果物に入っている非ヘム鉄の2つの種類があります。

その中でもヘム鉄は体への吸収率が比較的高いので、ブタ、とり、牛肉のレバー、まぐろ、かつお、ぶりなどの、肉、魚類を普段から多く食べるようにすると良いでしょう。

あさり、しじみ、高野豆腐、大豆、ひじき、ほうれん草、切干大根などの非ヘム鉄は、ヘム鉄と一緒にとると吸収率が上がるので良いと思います。

(2)吸収率を上げるには、ビタミンCを一緒に摂取するのが有効

ビタミンCを含んだ食品と一緒に食べるのも、効果的に摂取するカギ。

ブロッコリー入りのサラダを肉料理のつけ合わせにする、焼いた肉にレモンをかける、肉、魚料理と一緒にフルーツジュースを飲む、食後にフルーツを食べるなど、食べ方をひと工夫すれば簡単に確実に摂取することが出来ます。

(3)すっぱいものを食べて吸収率を上げる

酢の物、梅干、柑橘系のくだものを食べると胃酸の分泌が活発になるので、鉄を吸収しやすくなります。

(4)3食に分けて摂取する

鉄分は1回の食事で大量に取るよりも、3食で少しずつ摂取する方が効果的ですから、毎食しっかり取るつもりでメニューを考えましょう。

(5)一緒に取らない方が良いもの

タンニンを含むコーヒー、紅茶、緑茶は鉄分の吸収を妨げます。

食後のコーヒーはとても美味しいから、飲みたいという人がたくさんおられると思いますが、出来れば食後1時間たってから飲みましょう。

(6)おすすめのメニュー

ひじきハンバーグ、レバニラ炒め、小松菜と牛肉炒め、あさりの酒蒸し、ひじきと高野豆腐と油揚げの煮物、クラムチャウダーなどは美味しくて作りやすいのでオススメです。

私もお気に入りでよく作りますが、主人にも好評です。

忙しい方は、鉄分が入ったサプリメントを飲むのも良い方法。

あなたも私も貧血を治して妊娠しやすい体をつくりましょう。手(グー)

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

貧血と不妊症

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

あるテレビ番組で、貧血を放置しておくと妊娠できなくなるという内容が紹介されていました。

主治医からは、「貧血は頑張って治しておいたほうが妊娠しやすくなるよ。」とアドバイスは受けていたものの、私は貧血がそれほど妊娠に悪影響を与えているとは思わなかったので、真剣に治そうとしていなかったのです。

でも、鉄分を取って貧血を治すことが重要だという事がよくわかったので、本気で取り組むようになりました。

(1)貧血の原因

毎月の月経は原因のひとつ。

月経で体外に出てくる血は、25〜60mlですが、貧血の女性にとっては毎月これだけ出血すると体に大打撃を与えてしまい、慢性的に血液が不足してしまいます。

また、あまり肉を食べないことや、無理なダイエットをしたことも貧血の原因になります。

(2)貧血のせいで妊娠できない体になる

貧血になると、血液の循環が悪くなって、卵巣や子宮に必要な栄養素や酸素が送り届けられなくなります。

生理不順になりますし、子宮を妊娠に適した状態に整えてくれる黄体ホルモンの分泌も減少、質の良い卵が育たず、子宮内膜も薄くなるなど、不妊治療をしている女性にとっては絶対に避けたいことばかり起こります。

ただ、鉄分を摂取すれば、3ヶ月から半年くらいで改善されるので、鉄分がたくさん入った食品や、サプリメントをとって、妊娠しやすい体を作りましょう。

私も鉄分が入った食材を毎日食べるように努力しています。

あなたも私も一緒にがんばりましょう。手(グー)

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

ルイボスティーで不妊改善

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

ルイボスティーは別名「奇跡のお茶」と言われるほど、不妊症に効くノンカフェインの体に良いお茶です。

良い効果が盛りだくさんだから、私たち夫婦も毎日飲むようにしています。

(1)ルイボスティーの効果

(A)卵子の老化を止める

妊娠に必要なのが元気な卵子ですが、体内に活性酸素が増えると卵子が老化して、妊娠しにくくなります。

ルイボスティーにはポリフェノールがたくさん含まれているので、活性酸素をやっつけて、卵子の老化をストップさせてくれます。

(B)精子の数と運動率がアップする

鉄分、カルシウム、亜鉛、カリウムなどの栄養素がたくさん入っており、精子の数と運動率を増やしてくれます。

(C)女性ホルモンのバランスを整える

ルイボスティーに含まれている亜鉛が、黄体ホルモンの分泌が活発化させて、ふかふかの厚みのある子宮内膜をつくってくれます。

上記のように、ルイボスティーは低下した生殖機能を改善してくれる赤ちゃん待ちの人にはうってつけのお茶。

1日1ℓ以上飲むとより効果がアップするので、普段の飲み物をルイボスティーに変えるなど、意識してたくさん飲むようにしましょう。

(2)効果的な飲み方

ルイボスティーの飲み方はとても簡単。

紅茶を飲むときのように、ティーポットにティーパックを入れて、色が濃く出るまで蒸らしてから飲んでも良いのですが、おすすめの飲み方は長く煮詰めてから飲む方法です。

じっくりコトコト煮詰めると、含有成分がよく出てきて効果は倍になるので、ヤカンにティーパック1つと水2ℓを入れて10分間煮詰めてから飲んでみてください。

濃い味が好きな人は、水の量を1.5ℓくらいに減らしてもOK。

私はその日の気分でストレートにしたり、紅茶のようにミルクを入れて楽しんだりしています。

アイスでも美味しいですが、妊娠希望の人は体を冷やさないように、ホットで飲んだ方が良いと思います。

(3)ルイボスティーの選び方

ルイボスティーには、グレードの良いものから今ひとつのものまで色々ありますが、少々高くても、無農薬の質の良いものを選ぶことをおすすめします。

高級なものは色が濃くてきれいで、ほんのり甘みがあって味が美味しいから、一度飲むとやみつきになります。わーい(嬉しい顔)

安いものは栄養素が少なくて効果も薄く、何より味に癖があって飲みにくいのでやめておきましょう。

飲み比べてみるとすぐわかると思います。

私たち夫婦は、1日5〜10杯は飲みますが、私は便秘と冷えが解消されて内膜もやや厚くなりましたし、旦那も精子の量が少し増えて、奇形率が減りました。

個人差があるので、いつごろから効果が出るのかははっきりとは言えませんが、私たちの場合には、半年ほど経った頃に実感出来ました。

飲んですぐには効果が出ませんが、きっと妊娠しやすい健康な体になったと実感できる日がくると思うので、毎日飲み続けてみてください。わーい(嬉しい顔)

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする