2013年08月09日

ヨガで不妊の改善

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

ヨガは妊娠しやすい体を作ってくれると、不妊症に悩む女性に大変人気があります。手(パー)

私も毎日ヨガをやっていますが、体が柔軟になり、筋肉もついてきて、血行も良くなったと実感しています。

ヨガですが、続けると以下のような効果が期待出来ます。

(1)ヨガの効果

ホルモンバランスを改善してくれる
冷え症が改善される
肩こり、腰痛、体の歪みが改善される
自律神経が整えられる
体の老廃物を出してくれる
ストレスが解消される
免疫力を上げてくれる

どれも不妊を改善してくれるものばかりですから、あなたもヨガの効果とやり方を知って、毎日の生活に取り入れて見られると、妊娠出来る日が近づいてくると思います。

(2)不妊に効果的なヨガのポーズ

不妊に有効なヨガのポーズは色々ありますが、私が特に効果的だと感じているのは、弓のポーズと猫のポーズの2つです。

是非、試してみてください。

(A)弓のポーズ

@まずうつ伏せになって、息をゆっくりとはきながら膝を曲げて、右手で右足首、左手で左足首を持ちます。

t02200132_0800048012586846692yumji1.jpg

A次に息をゆっくりとすいながら手と足を上に持ち上げて、顎を上げてゆっくりと上半身をそらして、太ももを浮かして、お腹で体を支えましょう。

t02200132_0800048012586846691yumi2.jpg

これで弓のポーズが完成。

Bそのままの姿勢でゆっくり息をすってお腹を大きくふくらませ、ゆっくり息を吐いてお腹を凹ませる呼吸を5回行いましょう。

C息をゆっくり吐き出して体をうつ伏せの状態に戻したら終了です。

このポーズは子宮や卵巣を刺激して、その働きを高めてくれる効果がありますので、慣れるまではポーズをとるのが辛いかもしれませんが、続けてやってみられることをオススメします。

私は体が固い方なのですが、ストレッチをせずにいきなりポーズをとったら背中を痛めてしまったので、まず十分に体をほぐしてから、行うように気をつけてください。

(B)猫のポーズ

@手とひざを床につけて、四つん這いになります。

A腕とひざは肩幅ほど開いて、目は床方向をみます。

f80e57d4f5cf6da90430ab6d961672cf.jpg

Bゆっくりと息を吐きながら、猫のように背中を丸めましょう。

40e6bcd009fbb5d9b799f9af9c7d8dd52.jpg

ひじを曲げないで、腕と足は床に対して垂直にするのがポイントです。

十分に丸まったら、お腹を凹ませて頭をゆっくりと腕のあいだへ落としていき、そこで30秒間自然に呼吸しながらその体勢を保ちます。

Cゆっくりと息をすいながら、今度は背中をそらせて顔を天井の方へむけていき、胸を貼りましょう。
30秒間自然に呼吸しながら、姿勢をキープしてください。

32a6aa25c712324f73bf21fe11a93c010.jpg

B、Cの動作を5回繰り返します。

これを毎日続けると、背中が柔らかくなって全身の血のめぐりが良くなりますし、お腹も深部からポカポカと温まってきますから、続けて行ってみてください。

最初は力んでしまって呼吸が浅くなりがちですが、ゆっくりと呼吸することを心がけると、自然に身も心もほぐれてくるので、リラックスしてポーズをとることが出来ます。

あなたも私も一緒に、ヨガを利用して、赤ちゃんが来てくれるような健康な体を作っていきましょう!

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

子宝スポット出雲大社

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

私たちは、薬を使ってタイミング療法を2周期連続して行ったので、次周期は卵巣を休ませるために治療をお休みすることにしました。

医師からも体を休ませるのも治療の内だから、のんびり過ごした方が良いと助言を受けていたので、精神的にだいぶん疲れてきていた私たち夫婦は、不妊治療をしている人たちに人気の子授けスポット、出雲大社に行ってパワーを頂いてきました。

出雲大社の本殿を目指して進んでいくと、たくさんの子どもが授かったという大国主大神が、出雲大社側を向いて手を開いている銅像を発見。

同じポーズをとって、出雲大社の方を見るとパワーがもらえるので、早速夫婦でトライしました。

それから、日本最古の銅で出来た触ると金運が上がるという鳥居を、「不妊治療が出来るだけのお金がたまりますように。」と切実な願いを込めて何度も触りました。

鳥居をくぐると左側に銅製の神馬像「かねおまさん」がおられるのですが、触ると子宝に恵まれると言われているので、私たちは「赤ちゃん、私たちの所に来てね!」と強く願いながら、優しくなでてきました。

この旅行は、不妊治療中の良いリフレッシュになったので、本当に行って良かったです。わーい(嬉しい顔)

私たちがご利益を期待して巡った、大国主大神の銅像、金運が上がると言われている鳥居、銅製の神馬像「かねおまさん」の3つのパワースポットはとても有名で、特に神馬を触ったあとに子供に恵まれた人はたくさんいると言われています。

是非そのご利益にあやかりたいものです。

旅行のガイドブックや雑誌にのっているので、気になる方はストレス解消も兼ねて、行ってみてはいかがでしょうか。

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

hMG−hCG療法

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

私たちは飲み薬を使って、クリニックでタイミング療法を行いましたが、残念な結果に終わりました。

そこで、次のステップとして医師は、注射で直接卵巣を刺激して、タイミング療法を行うことを提案してくださったので、私たちも同意しました。

(1)注射でのタイミング療法とは何か

一般的にhMG−hCG療法と呼ばれており、hMGは、卵胞に働きかけてその発育を助けてくれる注射で、hCG注射は、排卵を起こすものです。

hMGの効果で卵胞が排卵に適した大きさまで育ったタイミングを見計らってhCGをうって、排卵させます。

(2)hMG−hCG療法の方法を検討

hMG−hCG療法のスケジュールですが、毎日打つのか、隔日か、量はどのくらいにするかは個人の年齢や体質に合わせて決定されますが、主なものは以下の3つです。

(A)連日注射を打ち、その量を徐々に増やしていく方法

生理3日目から毎日クリニックに通って注射を打ちます。

6日目までは1日につき75IUのhMGを投与していき、それでも卵の育ちが悪い場合には、半分の量を追加で数日間注射。

そして、卵胞が18mmになったら、hCGをお尻に注射して排卵を促します。

この方法だと、長期間注射を打たないといけないというデメリットはあるものの、打ち始めの注射の量を卵が育つギリギリの量と少なめに設定しているので、多胎妊娠のリスクは少なく安全な上、卵巣が腫れるという副作用も少ないとおっしゃられていました。

(B)連日注射を打ち、その量を徐々に減らしていく方法

生理3日目から毎日クリニックに通って注射を打ちます。

注射の量は、開始日とその次の日は1日につき225IUと多め。

3日目からは5日間連続75IUの注射を打ち、卵胞の育ち具合を超音波でチェックし、卵胞が18mmになったら、hCGをお尻にうってもらって排卵を促します。

あまり卵が育たない人には効果的ですが、デメリットとしては、最初に打つ注射の量が多いので、たくさん卵胞が育ってしまって多胎妊娠になる可能性が出てくるところです。

(C)1日おきに打つ方法

同じ量の注射を1日おきに打つので、連日打つよりも、多胎妊娠の可能性が減少し、クリニックに通う日数も少なくて良いというメリットがありますが、高齢者や排卵誘発剤に対しての反応が薄いタイプの人には効果が弱い場合もあるのが欠点です。

私たちは医師から説明を聞いたものの、素人が判断するのは難しいと思ったので、主治医に一任することにしましたが、どんな種類があって、どういう風に行うのかを知ることができたので、説明してもらえて本当に良かったと思いました。

医師が決めればいいことだからと説明を省くクリニックもありますが、やはり何でも治療について教えてくださる先生は、信用出来て良いと感じています。

結局、私の場合は卵巣年齢が低いので、多めに投与しないと薬が効かない可能性が高いため、連日注射を打ち、その量を徐々に増やしていく方法で挑戦することになりました。

(3)hMG−hCG療法私たちのスケジュール

月経3日目にクリニックに行って、診察をうけ、異常がなかったので、hMG注射をお尻にチクリ。

それから毎日hMG注射を打つためにクリニックへ通いました。

注射が苦手な私としては、何度打ってもなかなか痛みになれませんでした。

3日に1回ペースで診察があり、超音波で卵胞がどの程度成長しているかを確認していきます。

hMG注射投与7日目に卵胞をチェックしてもらったのですが、少し育ちが遅いため、追加でhMGを打ち、さらに卵胞が育つように注射で刺激。

注射の効果でかなり卵胞が大きくなった頃に、先生が「そろそろ明日あたりにhCG注射を打とうと考えているので、夫婦生活を送ってください。」とおっしゃってくださったので、そのタイミングで夫婦生活を持ちました。

翌朝、だいたい卵胞が18mm前後であることを確認して、hCG注射をうって人工的に排卵させました。

注射を投与してから、36時間前後に排卵するので、この日ももちろんタイミングをとって夫婦生活を継続しました。

そしてドキドキの判定日。

今回の結果ですが、タイミングはバッチリだったのですが、またもや残念な結果に終わりました。

私たち夫婦は期待しすぎないように自然体でいようと言っていましたが、やはりショックはとても大きかったので、私は不妊治療仲間に電話して辛い気持ちを聞いてもらいました。

すると、不思議とすっきりした気持ちが蘇ってきて、また次回頑張ろうという気持ちが蘇えってきました。手(グー)

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする