2013年08月04日

ウォーキングで妊娠力UP

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

ウォーキングは妊娠しやすい体を作ると聞いてから、私は早速、日常生活の中に取り入れました。

最初は、朝出勤前に近所を10分程歩き、帰ってきたら近所をまた10分歩くというメニューから始めて、徐々に時間を増やしていきました。

そして、1ヶ月続けた頃には、全く汗をかかなかった私が、きちんと汗をかけるような体質になり、最初は15分ほど歩いてからようやく体がポカポカしてきていたのに、10分ほどであったまる感覚を味わえるようになったので、本当に嬉しかったです。わーい(嬉しい顔)

そこで私は、一気に歩く時間を増やしたのですが、ある日右膝に痛みが走り、右足首は腫れてしまい、大好きなウォーキングを中止せざるを得なくなったんです。

歩くだけだから簡単だと思っていましたが、きちんとしたやり方を勉強しなかったことが原因で怪我してしまったのだと、その時に気づいて反省し、妊娠しやすい体を作るために勉強を開始しました。

私の怪我の原因は、立つときの姿勢と歩き方に問題があったのではないかと怪我して通っていた病院の先生に指摘されました。

(1)立ち方

胸をはって背筋をぴんと伸ばし、頭を紐で上に引っ張られるような感じで、顎をひきましょう。

そして、胸を開いてひじは後ろに少し引きます。

すると、左右の肩甲骨が真ん中に寄りますから、その姿勢をキープしてください。

なれると、背筋が伸びるのでこの姿勢がとても気持ち良く感じます。

私は最初の頃は、意識しすぎて上半身が後ろに大きく沿ってしまいましたが、反り過ぎもだめなので、あくまで力を入れすぎず、軽めにしてください。

そして、お腹とお尻は軽く締めておきましょう。

膝には力を入れないことも大切。手(パー)

また、膝を曲げたり、だらーんと外側に開かず、しゃきっとのばすことを心がけましょう。

腰と、膝と足は、真っ直ぐにつながっている感覚を常にもっておいてください。

その姿勢を作ったら、最後に足の裏全体に体重がかかるようにして、たってください。

(2)歩き方

歩幅は少し大きめにとり、目線は15mほど先をまっすぐに見ます。

遠くを見ると、不思議と背筋が伸びます。

姿勢は背筋をピッと伸ばすけれど、体には力はいれないでください。

つい力んでしまいますが、慣れればリラックス出来ると思います。

腕を直角に曲げて、リズミカルに振ると歩きやすさがアップ。

また、リズミカルな腕の動きは自然と歩幅を大きくしてくれますから、是非やってみてください。

胸を前に出して、足がそのあとから自然についてくるような感じで歩きましょう。

腰の位置は高めが良いです。

そして、膝と足首をまっすぐにのばすようにして地面を押して、必ずかかとから地面に着地してください。

その後は、足のうらにまんべんなく体重がのるようにすると怪我しません。

そして、地面を蹴るように意識しながらつま先を離しましょう。

必ず足首を伸ばしながらつま先を離してくださいね。

スピードも大切。

遅すぎてもダメ、早すぎてもNGですから、心持ち早足で歩くのがよいでしょう。

また、歩くときには、鼻からすって口からはく、腹式呼吸をすると、全身に血がくまなくめぐって、ウォーキングの効果を上げてくれるので、是非やってみてくださいね。

(3)いつ、どれだけすれば効果的なのか

どの時間帯にしても効果はありますが、朝食を食べる前が一番効果があると言われています。

また、始めてから20分以上経たないと脂肪が燃えないと言われていますが、5分すぎからでも脂肪は燃焼しますから、初心者の人は無理しないで短時間から始めて、慣れてきたら20〜30分間を目標にされると良いのではないでしょうか。

最初からうまくは歩けませんが、正しい姿勢とウォーキング方法をマスターすると、体に負担をかけずに長い時間歩けるようになります。

体力に自信がないわたしでも、慣れてきたら長時間歩いても疲れないようになりました。手(チョキ)

そして、日常生活の中でも背筋をぴんとのばしていたり、知らず知らずのうちに正しい姿勢でたっているようになり、いつの間にか良い習慣が身についたことに、自分でもびっくりです!

最後に、一番大切なのは、少しの時間でも毎日続けて歩くことですから、自分が飽きないように工夫して取り組んでみてください。

私は最初のころは、少し高いスニーカーを購入して、せっかく高いものを買ったんだから続けようと自分に言い聞かせていました。

それから、コースを色々変えてみるのも飽きがこなくて良いと思います。

だんだん続けてくると、体調が良くなるのが実感できるので、毎日歩かずにはいられなくなりますが、そうなればしめたもの。

そう思えるまで、好きな音楽を聞いたり、時々寄り道を楽しんだりしながら、あなたに合ったウォーキング方法を見つけてください。

私もあなたも一緒に妊娠しやすい体を作りましょう!

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

ウォーキングの効果

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

「妊娠したいなら、是非、ウォーキングをしましょう!」

どのクリニックの先生も必ず口を揃えてこう言います。

あなたも、クリニックで言われたことがあるのではないでしょうか?

それほど、ウォーキングの効果ってすごいんです!

私も日々頑張っていますが、たくさんの効果があることを知ってからは、より前向きに取り組むようになりました。

(1)ウォーキングで冷え症を改善しよう!

冷えは万病のもとと言いますが、妊娠を目指す私たちにとっても、大敵。

実は、不妊症の人には、冷え性の人が多いと言われているのです。

その冷え解消に一役かってくれるのが、ウォーキング。

私たちは意識していませんが、歩くときにはふくらはぎの筋肉を収縮させています。

そしてこの動きが、足の下にたまった血液を心臓に押し戻してくれて、血が全身をめぐる手助けをしてくれています。

ウォーキングを続けると、ふくらはぎの筋肉が鍛えられて、血液の循環がよくなり、冷えにくい体を作ってくれるので、冷え症が徐々に緩和されていきます。

また、足の裏には重要な体のツボがたくさんありますが、ここが刺激されると新陳代謝が活発になって体の組織が若返えるので、長く続ければ続けるほど、妊娠しやすい体に変わっていくことが期待できますね。

長時間でなくても良いので、毎日継続すると効果があらわれやすいと言われています。

(2)栄養素が体中に運ばれるメリットがある

妊娠しやすい食事、サプリメントをどれだけ摂取していても、血の流れが悪いと、せっかくの栄養素が体中に運ばれません。

また、病院から処方される治療薬も効きにくくなるので、医師はよりたくさん、より効果のある強い薬を出すでしょう。

そんな大量の薬を長期にわたって体に投与し続けていたら、体への負担は大変なものになります。

強い薬の処方によって、副作用に悩まされている人がたくさんいて、不妊治療をしているはずなのに、逆に妊娠しずらい体になってしまう人がとってもたくさんいらっしゃるんです。

これは、不妊治療が抱えているゆゆしき問題だと思います。

ですが、ウォーキングをするとそんな事態は避けられるので心配はいりません。

ウォーキングで、血液の循環が良くなると、子宮や卵巣、その他の体の臓器の隅ずみまで栄養が運ばれるので、体の芯から元気になれます。

薬の量も少なくて良いので、副作用や体調不良に悩まされることもありません。

若くて元気な体=妊娠しやすい体ですから、毎日続けて、体質を徐々に改善していけたら最高ですね。

(3)女性ホルモンの分泌が活発化する

ウォーキングで、血液が体中をめぐるようになると、子宮や卵巣が元気になります。

そのため、女性ホルモンがたくさん分泌されるようになります。

高齢になると、女性ホルモンは減っていきますから、特に35歳以上の人は、今すぐにでも始めましょう。

(4)ウォーキングでストレス解消しよう

不妊治療中は、心を安定させるのが難しいです。

私は毎月生理がくるとテンションは下がりますし、町で妊婦さんを見かけると妬ましくなりますし、お盆休みやお正月に親戚に、子どもはまだかと言われるたびに本当にデリカシーのない発言だと、若干不愉快な気持ちにもなります。

長く続けておられるあなたなら、この気持ちは嫌というほど味わっておられると思います。

ですから、いかにストレスを解消して、心の平穏を保てるかが妊娠のカギだといっても過言ではないのではないでしょうか。

そんなときには、とにかく体を動かして、歩くと良いと言われています。

脳の中では、ノルアドレナリン、セロトニンなど、神経を伝達する物質が働いていますが、これらの物質は運動するとアップします。

そして、心身ともにリラックス状態に導いてくれます。

逆にこれらの物質が減少すると、うつ状態を引き起こすことになるから大変。

一旦、うつ状態に陥ると、ウォーキングはおろか、治療することさえも嫌になってくるからです。

私もそういう人を知っていますが、見た目にもとても辛そうです・・・。

なので、健康な心と体を保つために、ウォーキングをしましょう!

私はとにかく落ち込んだらウォーキングに出かけます。

落ち込んだときに家にこもると、ロクなことを考えないので、意識的にマイナスの考えはシャットアウトして、体を動かしたり、好きなところにウォーキングしに行くようにしていますね。

休みの日は、緑がいっぱいの公園に行って、美しい自然を眺めながら、ストレスを解消していますね。

遠くの町を歩くのもオススメ。

日頃見られない景色を見て、町の雰囲気を味わいながら歩いていると、色んな発見があってとても楽しいです。

そして、ストレスを解消したあとは、また新鮮な気持ちで治療に取り組むように心がけています。

以上のように、ウォーキングは妊娠したい私たちにとって、たくさんの効果があります。

ですから、今は体を動かすのがおっくうだと思っているあなたも、思うように治療が進まず家で落ち込んでいるあなたも、勇気を出して歩いてみましょう!

そして、ウォーキングの気持ちの良さを、あなたの心と体で味わってみてくださいね。

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 07:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

不妊治療と仲間

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

私は重度の子宮内膜症のため、手術を受けることが決まった頃はかなり落ち込んでいました。

そんな様子が伝わったのか、ある日医師との診察を終えて診察室を出ると、看護師さんが、「ちょっと話さない?」と声をかけてくれました。

私の通うクリニックでは、診察の際に看護師さんが1名つきそうのですが、その後、患者の様子をみてからカウンセリングしたほうが良さそうだと判断した場合には、声をかけてくれるシステムになっています。

患者さんの心のケアをとても大切にしてくれていて、私はこのクリニックの制度に何度も助けられています。

その後、別室でカウンセリングがスタート。

まず、子宮内膜症の手術を受けるにあたって私はどういう不安を感じているのかを聞かれたので、正直に答えました。

手術すること自体が怖いこと、左側の卵巣にあるチョコレート嚢腫を取ったあとには本当に正常に卵巣が機能するのか心配していること、これから始まる不妊治療への不安など、次から次へと口から出てきて自分でも驚きました。

ある意味言っても仕方のないことだと思っていたので、辛い心の内を誰にも話さずにいたのです。

でも、看護師さんは、「言っても現実は変わらないけど、心にためておくと知らず知らずのうちにストレスになって体に影響が出るからそれが一番良くないことだよ。
だから、私たちにどんな些細なことでも話してね。思いっきり愚痴ってもいいよ。」と優しく言ってくださいました。

私は今まで泣かないように前向きにと思って過ごしてきましたが、その優しい言葉に涙がとまりませんでしたね。

看護師さんは、そんな私の様子をみて、「涙と一緒にストレスも流れていくから、思いっきり泣くのは良いことだよ。」と言ってくださったので、それからは何かあったら、我慢せず泣くことにしました。

病院主催でやっているお茶会について教えて頂いて、カウンセリングは終了となりました。

クリニックで行われれるお茶会は、不妊治療に悩んでいる人や現在頑張っている人が月に1回集まって、治療のことや、愚痴や世間話など、色んなことを話しながらストレスを解消しようという会で、1回で10人程度参加しているとのこと。

子どもがいない人なら、誰でも参加出来るので、私も行ってみることをすすめられました。

私はその当時は、知識もなければ経験も浅かったので、いくかどうか迷いましたが、同じような悩みを抱えている人たちと話すときっと何か得られるものがあるはずと思って、参加しました。

開放的な感じのクリニックの部屋に、お茶とお菓子が置いてあって、それを飲んだり食べたりしながら、みんな今月の自分の治療について話したり、相談したりしていましたね。

とても話しやすい雰囲気なので、私も自分の気持ちを話したり、今後の治療についての相談をしました。

同じ悩みを抱えている人たちとは分かり合える点が多くて、本当に有意義な時間が過ごせたと思っています。

悩んでいるのは私ひとりじゃない、みんな悩みながら努力しているから、私も頑張ろうという前向きな気持ちになることができましたね。

その後、何度もお茶会に通うようになり、そのうちに気の合う友人が出来ました。

個人的にその友人とは悩み相談したり、遊びに行ったりと、今でもずっと良い付き合いを続けています。

不妊治療は、肉体的にも精神的にも大変な負担を伴うものです。

いつ終わるかもわかりません。

ですから、心のケアがとっても大切。手(グー)

不妊治療を共に頑張っている仲間がいると、本当に心強いです。

ですから、今、不妊治療を頑張っているあなたも、色んなことを話せる仲間を作ることをおすすめします!

各地で病院主催のものから、個人で主催しているお茶会まで、色々あります。

気になるあなたは、あなたが通っておられるクリニックに問い合せてみてくださいね。

また、雑誌やネットにも情報が載っていますので、調べてみてはいかがでしょうか。

不妊治療のことでひとりで悩まないで、前向きに仲間と共に頑張っていきましょうね。わーい(嬉しい顔)

私が念願の赤ちゃんを授かった方法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 不妊治療さとみ at 08:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする